1. >
  2. >
  3. ネイルと指輪は相性をよく考えて

ネイルと指輪は相性をよく考えて

セルフネイルをする人の中には、自分の服装や雰囲気に合うネイルのデザインを
研究する人も少なくありません。ですが、アクセサリーとして指輪を身に付ける人の
場合は、ネイルのデザインも身に付けている指輪に合わせたものにする必要があります。

とくに、結婚を機に、日常的に結婚指輪を身に付けている人にとっては、
相性のいいネイルにしたいと思うのは当然でしょう。

とはいえ、「婚約指輪の専門店」を見ても解る通り、
指輪はシンプルなデザインから、無数に宝石を敷き詰めた豪華なものまで、
そのデザインは無数に存在します。ネイルも同じようにデザインが多く数多く
存在するので、互いの相性を良くする具体的な方法を説明するのは困難です。

基本的な考え方としては、
「引き立たせたいのはネイルか指輪か」という点を念頭に置くと良いでしょう。
指輪よりもネイルを引き立たせたい場合は、指輪のデザインを
控えめにし、ネイルを華美にするのが良いということです。反対に、
指輪を引き立たせたい場合は、ネイルのほうを控えめしてください。

より美しく引き立たせるためは、ネイルと指輪のカラーリングに「反対色」を
使うのも手です。反対色とは、色相環で正反対に位置する関係の色の組合せのことで、
赤色の反対色が緑系や紺系の色、オレンジ色の反対色は青緑系や紫色と、色によって
反対色が異なります。緑色のレタスの敷き詰められたサラダに、赤色のトマトが
美しく引き立つように、反対色を意識すると互いを引き立たせることができるのです。

冒頭の通り、自分の服装や雰囲気によっても、ネイルや指輪の印象は変化しますが、
ネイルと指輪は互いに距離が近くに存在するぶん、相性をより考慮する必要があります。
試行錯誤を重ねる中で、時には友人や家族などの第三者に確認してもらうことで、
自分にぴったりなネイルと指輪のデザインを見つけやすくなりますよ。

ファイル・ロケーション: ネイル