いずれは独立開業を…

将来の事を考えてみよう

ネイリストとして高度なテクニックを身に付けて、そろそろ自分だけのサロンを持ちたいと考えている方は、具体的なプランを練ってから行動することをおすすめします。
自分のサロンを持つということは、自らが経営者になるため大変に感じる部分がたくさんあります。
順調に利益を得られるとは限らないケースも多いため、甘く見てはいけません。
独立開業への道は簡単そうでなかなか上手くいかない部分もありますので、慎重に検討してください。

サロンの場所はどこに?

最初に決めなければいけないのが店舗の形態です。
どこにサロンを開くのかによって開業資金の金額が全く違う結果になります。
例えば人通りが多い地域にある商業ビルの一室や、ショッピングモールなどの商業施設の中にあるテナントを借りる場合は賃料がかなり高額になる可能性があります。
賃料が高い反面で人通りが多くて利用しやすい場所ならひっきりなしにお客様が訪れてくれる可能性が高いです。
上手くいけばあっという間に利益を得ることができるメリットもあります。
開業資金が最もかからないのは自宅の一室をネイルサロンにする方法です。
お金があまりかからなくても、接客をする部屋は生活感がないように工夫しなければいけないことや、サロンを開いていることが周知されにくいデメリットがあります。

開業に必要な資金

どのような店舗にするのか計画が固まったら、開業資金はどのくらい用意するべきか確認してみましょう。
まず店舗に必要な資金として賃料やリフォーム代などを計算してください。
お客様にリラックスしていただける空間を演出するためにも、必要なものを優先的に考えてください。
商売道具になるネイル関連の備品や施術を行なう椅子・テーブルなどを確保しましょう。
経営が軌道に乗るまではしばらくかかる可能性があるため、当面の運転資金も確保しておくと安心です。
オープン当日までにしっかり周知してもらうためにも広告宣伝費も計上しておきましょう。
開業資金はギリギリの金額ではなく、余裕を持って計算しておくと良いです。
計算してみた結果、自己資金で間に合う金額なら問題ありませんが、不足している場合は何とかして用意しなければ開業できないことになります。
融資してくれる金融機関を探すか、親類などを頼りにしてお金を貸してもらう選択肢がありますが、できるだけ自分で何とか用意できるように努力したいものです。
融資を受ける際には国や自治体の公的融資制度なら金利が安くて利用しやすいです。