ネイリスト検定について

大きく分けて3つの主催団体がある

ネイリストとして活躍するためには資格を取得していた方が有利になるのは間違いありません。
資格を取得するためには検定試験に向けて学習しなければいけませんが、実は検定試験は主催している団体によって複数存在しています。
それぞれ性質が若干異なるため、自分に合っている資格取得を目指しましょう。

参考:ネイリストの資格ってどんな種類があるの?ネイリストになるために必要?

各検定試験の特徴

日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)のネイリスト技能検定試験は、3級から1級までに分かれており、3級はネイルに関する基本的なスキル、2級はサロンで実際に仕事をする際に必要なスキル、1級はトップレベルのスキル習得を目指す検定試験になります。
日本では最も知名度が高くて、たくさんの方が受験している実績があります。
3級は義務教育を終えた方ならどなたでも受験できますが、2級は3級合格者、1級は2級合格者が受験できる仕組みになっているため、段階を踏んでステップアップする資格になります。
全国各地の会場で3級と2級は年4回、1級は年2回実施されています。
それぞれ実技試験と筆記試験が行われますが、筆記試験は過去問題集を何度も繰り返し学習するのがおすすめです。

日本ネイリスト協会(JNA)ではジェルネイル技能検定試験を実施しており、上級・中級・初級にレベルが分かれています。
ネイルサロンでもジェルネイルを希望するお客様が増えているため、正しい知識と技術の習得を目指して実施されている試験です。
初級ではジェルネイルについて基本的なスキルを、中級はプロとしてサロンで仕事を行なう際に必要になるスキルを、上級はスペシャリストに必要なスキルを判断しています。
上級以外は実技試験と筆記試験があり、上級は実技試験のみになります。

インターナショナルネイルアソシエーション(略称・I-NAIL-A)ではネイリストに必要とされるネイルスペシャリスト技能検定試験と最近は主流になってきているジェルネイル技能検定試験を実施しています。
ネイルスペシャリスト技能検定試験はサロンで働く場合に必要なスキルの習得を判断する試験で、学生や初心者を対象にしているA、SA級とプロを対象にしているPA、AA、AAA級があります。
飛び級をしても問題がないため、今まで検定を受けた経験が無い方も飛び級をしてプロを対象にしたレベルを受験しても構いません。
ジェルネイル検定は3級から1級がありますが、3級から段階を踏んで受験する仕組みになっています。
基本的にI-NAIL-Aの試験は専門学校などに通っている学生を対象にしているため、独学で技術を習得している方は受験しません。