施術の種類

ネイルは、地爪に施術を行うタイプと、スカルプチュアなどで爪をつくって施術を行うタイプの2通りがあります。
地爪にヒビが入ってしまっていたりしても、その箇所に樹脂のようなものをコーティングしてその上からジェルを乗せるなどの処置が行えるので、地爪とその他の爪をつけるものだと、断然地爪に施術を行っている方のほうが多いようです。

スカルプチュアは爪の強度が保たれますが、地爪にジェルを施すよりも価格帯がかなり高いことと、爪に負担がかかることから、最近は利用者が少ないようです。
以前、ジェルネイルが現在のように普及する前までは、スカルプチュアが主流でしたが、最近は手軽に安価で施術が行えるジェルのほうに人気が集まっています。
ただ、結婚式などでネイルの長さを出したいときや、イベントなどで頻繁に動きまわり、爪の強度が気になるというときには、スカルプチュアを利用する方もいらっしゃいます。

スカルプチュアは、アクリルとも呼ばれ、アクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜてつくるネイルで、かなりの強度が保たれるため、長さを出しても安心なので、用途によってはジェルよりも活用できることも。
アクリルを落とすときにアセトンに爪を付けておくのですが、爪の弱い方はその際にかなり爪に負担がかかり、ペラペラになってしまうこともありますので、爪があまり丈夫でない方は、事前にサロンの方に相談しましょう。

あとは、最近は利用者が減ってきていますが、チップを使って爪をつくり、地爪に貼り付けるタイプの施術もあります。
これは、以前ネイルを施すときに活用された施術になりますが、最近はジェルの技術が向上してきたので、チップを利用する人はかなり少なくなりました。
ただ、爪の施術をしたい時期が決まっていて、そのときにサロンに行けない場合や、一時的にそのときだけ爪をつくりたいという時には、チップにデザインを施してもらって、当日自分で貼り付けたり、サロンでチップをつけてもらって当日のみ過ごし、すぐに取り外す、という使い方をすることもまれにあります。

このように、爪の施術は用途に応じていろいろと使い分けることが可能ですので、始めてサロンで施術を行うときは、ネイリストの方に用途について相談をしてみるとよいでしょう。
そのときだけ爪をおしゃれにしたいならチップ、爪の強度を保ちたいならスカルプチュア(アクリル)、常にネイルをして、今後もリペアし続けたい場合はジェル、という使い方がよいかと思われますが、サロンの方に相談して、納得の行く施術で爪をきれいにしていただいてくださいね。