職場あれこれ

ネイリストという職業は、ただサロンで働くだけではなく、いろいろな働き方を選択することができます。
まず最初に、ネイルサロンで働くというスタート地点は同じかもしれませんが、その後自分に合っていると思われる道を模索し、それに向けての知識を習得していくことで、多方面で活躍することが可能です。

例えば、ネイルサロンの経営者として働く道があります。
ネイルサロンで従業員として働いていた立場から、一気に経営者になってしまいます。もちろん自分で施術を続けていくことも可能ですし、施術は従業員にまかせて、経営のみに業務を絞ることも可能です。
また、自宅にサロンをつくっておうちサロンとしての運営をすることもできますね。最近はこの道に進む方が多いと思われます。

そのほか、ネイルスクールの講師になるという道もあります。
ネイリストは基本的に民間の仕事になり、国家資格がないと働くことができないというものではないので、厳密には講師の仕事をする場合にも必ずしも資格が無いといけない、ということではないのですが、最近は民間の団体が講師になるための資格を展開していて、それらを取得することによって、講師への道が開かれるケースが多いです。

講師の資格を習得するには、まずネイリストとして必要な資格を取得し、かつネイリストとして数年間の実務経験を経た上で、受験資格が与えられるといった条件がいくつか定められています。
その条件を満たした上で資格を取得すると、講師として働くことができるスタートラインに立てるわけです。
ネイルスクールの講師は、求人を募集しているところがいくつかあるようですので、そちらに応募し、面接を受けて合格できたら、腹て講師として働くことができます。

さらに知識や経営ノウハウが身についてきたら、ネイルスクールを経営するという道もあります。
例えばネイリストから経験を積んでネイルサロンを自分で開業し、そのネイルサロンと提携したネイルスクールを開校する、という流れがよくあります。
最近の大手ネイルサロンはほとんどのサロンで提携のスクールを運営していて、そちらのスクールを卒業した人が、系列のネイルサロンで働くことができる、といったコースになっているようです。

このように、ネイリストにはさまざまな可能性がありますので、あなたの性格や目標に合った方向性を模索し、そこに向けて頑張ってみてはいかがでしょう。
ネイルサロンはどんどん増えていますが、まだまだ可能瀬のある業界だと思われますので、チャレンジしてみる価値はあると思いますよ。