今のお仕事

今私は駆け出しネイリストとして頑張っていますが、
ネイリストって具体的にどんな仕事をするの?
と疑問に思われている方も多いかもしれません。
ここで、ネイリストのお仕事についてご紹介していきたいと思います。

まずは、お客様のネイルをつくることが、一番メインのお仕事。

お客様からデザインの希望を聞いて、
それに沿ったデザインをつくることもあれば、ベースの色みだけ伺って、
あとはおまかせ、ということも。自分でデザインを決めるか、
おまかせにされるかというのはお客様の個性によって異なってくる傾向にあるので、
常にデザインの引き出しにはたくさんの案を詰め込んでおかなければなりません。

あとは、

ハンドケアやフットケア、マッサージ

などもネイリストの仕事です。
ハンドケアは、自宅でできるようなマッサージから、ロウのようなトリートメントを塗って、
手に美容成分を浸透させる、本格的なケアまでさまざまです。
フットケアは、足の角質をとってしなやかな足をつくるのがメインのケアとなりますが、
自宅ではとりきれないような角質を、カンナのような道具で削ったり、
やはりこちらもサロンでないとできないケアがいろいろあります。

そのほか、

お客様の応対や予約受付、お掃除、ベテランネイリストになったら、後輩や新人さんへの研修

も大切な仕事です。
ほかの美容系の仕事全般で同じことがいえるかと思いますが、サロンの運営すべてがお仕事といった感じでしょうか。
経営などの面は置いておいて、掃除から施術、お金の管理まで、
ひと通りの仕事をすべてのネイリストが行っているサロンが多いかと思われます。

実働時間はだいたいのサロンで8時間としているところが多いですが、
一人のお客様の施術にだいたい1時間、
フレンチなど時間のかかるデザインになると2時間くらい余裕でかかってしまうので、あっという間に一日が終わってしまいます。

施術を受けているお客様も同様ですが、
ネイリストはほぼ一日同じ姿勢でお客様のネイルの施術をしなければなりませんので、肩こりがかなりひどくなります。
もともと肩がこりやすいという方は、肩こり対策をしっかりしておくことをおすすめします。
慣れるまでは目を使いすぎて気持ち悪くなってしまうことも。

ネイリストはだいたいの人がメイクやヘアスタイルをきれいにまとめていますし、
かわいいネイルをしているので、一見華やかな仕事に見えるかもしれませんが、実際の作業はかなり地味かもしれません。

 

a0007_002318

それでも、新しい技術やデザインが出てきたときにはすごくウキウキしますし、
お客様が仕上がったネイルを見て喜んでくださったときには、すごくやりがいを感じます。
また、美容の世界は、女性であれば誰もが意識していたいところですので、
そういった女性になくてはならないものを仕事にできるというのは、素敵なことですよね。
これからも頑張って、早く一人前のネイリストになりたいと思います!