ネイリストに向いてる人

ネイリストとして

ネイリストになるには、技術がなければなれませんが、やはりこの職種でも性格などによって向き不向きがあります。
残念ながらネイルが好きというだけでは、ネイリストになったとしても苦労することが多い場合もあります。
ネイルという繊細なものを扱いますので、手先が器用であることは必須です。
器用な手先を使って独自性のあるネイルを施していくようになります。

また魅力的なネイルが出来なければ、お客さんも満足しないので、仕事も少なくなります。
デザインセンスを高めることは必須であり、芸術作品やファッション雑誌などでセンスを磨くことも必要でしょう。
どのようなネイルが流行っているのか、業界にアンテナを立てて、最新情報を仕入れておくことも大切です。
このようなことは、仕事だから仕方なくやるのではなく、自主的に行うぐらいの気持ちでないと勤まらないでしょう。

ネイリストの素質

ネイリストは相手にするお客さんは女性ばかりです。
働く場所も女性が圧倒的に多いです。
女性とのコミュニケーションが出来ないような人は、この仕事には向いていません。
また女性特有の職場でのうわさ話や悪口も発生しやすいので、そのような環境に耐えられないならネイリストは目指すべきではないです。
逆に女性とのコミュニケーションは得意だ、うわさ話や悪口は気にならないと言う人はやっていける職場です。

先ほども記載したとおり、手先が器用であることも重要です。
デザインは少し手元が狂っただけでも、歪みが生じてデザインがおかしくなることもありますので、そのような細かく神経を使う作業を出来る人でないといけません。
ネイル中は細かい作業を長い時間続けますので、集中力も求められ、集中力が続かずに気が散りやすい人は気をつけた方が良いです。
技術はネイリストとして仕事をしていけば、練習などによって身につくので心配はありません。

オシャレな職場というイメージが大きいネイリストですが、実際は出勤前後の準備や掃除で朝早く夜遅いこともあったり、お客さんが絶えず来れば休憩も取れずに、食事もしないで仕事をすることもあります。
閉店後はお店で練習をすることもあり、ネイリストは思っているよりもハードであり体力が求められます。

疲れたからといってお客さんがいれば休むことは出来ませんし、疲れてもお客さんに辛いような表情は見せられません。
時にはクレームを受けることもあるでしょうが、そのような時でもすぐに気持ちを入替えて仕事に取りかからないといけないです。
そのために体力はあるに越したことはなく、少しの失敗やクレームでも凹むことのないような図太い神経を持っているぐらいが丁度良いかもしれません。