ネイリストになるためのお金

技術を身につけるための費用

ネイリストとして働くためには、未経験でも技術がないと働けません。
そのためには、何かしら勉強して技術を身につけていく必要がありますが、一番お金のかからない方法は独学で学ぶという方法です。
独学なら教材を買って学べばよいのでさほど費用はかかりませんが、その代わりに時間と労力は一番必要とされます。
すべて自分で学んで理解していかないといけないので大変です。

そして次にお金のかからないのが通信講座です。
通信講座なら費用は5万円から10万円ぐらいで済み、学習用テキストなども用意されているので、学ぶ環境は一通り準備されています。
しかし、こちらも分からないことがあっても、多くは自分で解決していかないといけないので大変です。

確実な方法が専門学校などのスクールに通って学ぶという方法です。
学費は数十万円から100万円以上するところもありますが、学校へ行けば講師がいて一から教えてくれて、分からないことがあってもすぐに聞くことが出来ます。
学校によっては、卒業後に就職をサポートしてくれたり、資格取得をサポートしてくれるところもあります。

どのような方法で学ぶかは、お金と相談して、そしてどれだけ学ぶための時間を取れるかということで決まってくるでしょう。

資格取得は必須

ネイリストとして働くには国家資格などを取得するような規定はありませんが、多くのネイルサロンでは民間資格取得者でないと、採用しないところが多いです。
資格としては、NECネイリスト技能検定試験やジェルネイル技能検定試験などがあります。
働きたいならこれらの資格を取得することを目指すべきです。

しかし、NECネイリスト技能検定試験なら3級から1級まで、ジェルネイル技能検定試験なら初級から上級までありますが、3級や初級を取得したぐらいでは、実際の現場では役に立たず採用もされないでしょう。
ネイリストを目指すなら1級や上級を目指すべきです。
これらの資格は飛び級で資格取得は出来ないので、まずは3級や初級を取得してから、次々と更に上の資格を取得していくこととなります。

やはり資格のことを考えると、独学では取得するのは難しく、そうなると通信講座か学校へ行くかどちらかで学んでいくこととなります。
また実際に仕事を始めてからも、毎日技術は磨いていかなければならず、勉強は必要です。
ネイリストの人の中には、仕事を始めてからも勉強の為にスクールに通う人もいます。
場合によっては就職後もスクールに通う必要が出てくるかもしれませんが、ネイルサロンによってはスクールの費用を負担してくれるところもあります。
就職後はセンスなどを磨くために、ファッション雑誌などを購入していくようなことも行わなければいけないでしょう。