日本ネイリスト協会

ネイル業界の発展を目指す団体

日本ネイリスト協会(JNA)は、海外では既に一般的に広まっていたネイル産業を日本でも健全に発展させるのを目的として設立された団体です。
現在はNPO法人として様々な活動を通じてネイル産業の発展に貢献しています。
世界でも類のないネイルイベントとして最大級の東京ネイルエキスポを毎年開催しており、ネイルクイーンの称号を付与される複数の芸能人やタレントと共に様々な訴求活動を実施しています。
ネイリストとして仕事をしたい方に必要とされる資格の中でネイリスト技能検定試験の支援や、ジェルネイル技能検定試験の実施をする等、プロのネイリストとして活躍できるスキルを持っていることを証明する資格制度を充実させています。

参考:NPO法人 日本ネイリスト協会

一定のスキルを有している証になる認定制度

JNAではネイルに関する高度なスキルを有していることを示す認定制度を複数実施しています。
所定の受験資格を満たしている方が受験できるのは認定講師の資格です。
受験資格を与えられる条件は複数ありますが、特に重要になるのがネイリスト技能検定1級に合格してから1年以上経過していることやプロのネイリストで仕事をした実務経験が必要になります。
他にもネイルサロン衛生管理士やジェルネイル技能検定試験上級の資格を有しているなどの条件もあるため、かなり高度なスキルを習得している方でなければ受験もできません。
ある程度実績がなければ受験に必要なスキルが身につけられないと考えられます。
認定講師は実務経験の他に筆記試験、面接を受けて全て合格基準に達している方が認定講師として活躍できるメリットがあります。
指導する立場で活躍したい方にとっては必須の資格です。

認定校制度は、JNAが規定しているカリキュラムに沿って適切な教育を実施していると認められた教育機関が認定されます。
全国各地に認定校が存在しており、それぞれの学校で日々ネイリストのスキル習得に専念しています。

認定ネイルサロンは、JNAが定めている基準を満たしていると判断されるサロンに対して認定する制度です。
認定されるためには厳しい条件を全てクリアしていなければいけません。
例えばネイルサロン衛生管理士の有資格者がいなければいけない、技術管理者と技術責任者としてJNAで実施している資格に合格していかねればいけない等の条件を満たしてようやく認定されます。

様々な認定制度を通じて、今後もスキルの高いネイリストを誕生させて一人でも多くのお客様に満足していただける環境を提供しています。