ネイリストになるには

様々な方法でプロを目指す

趣味で自分の爪でネイルアートを楽しんでいた方が、友達の間で話題になって親しい人のネイルアートを施すようになり、クチコミで近所の人達に広まり、やがて自宅でサロンを開くようになる方がいます。
最初からネイリストになる夢を持っていて専門学校や通信教育でスキルを習得してからネイルサロンに就職し、実力を身につけて最終的には独立を目指している方もいます。
ネイリストとして活躍する場合は様々な方法があります。
自分の場合はどのような方法でプロを目指すべきなのか考えてみましょう。

ネイリストの資格は必要ない?

基本的に自らの職業をネイリストとして名乗るのは自由です。
特にネイリストの資格を取得しておらず、趣味が高じて独学でスキルを習得した方が、クチコミで技術力の高さを評価されていつの間にかネイリストを名乗って本業にするのも問題ありません。
実際にはネイリスト資格を取得していない方がすんなりと本業として活躍できる可能性はかなり低いと考えられます。
どんなに素晴らしい技術を習得している方でも、無資格者と有資格者ではお客様の安心感が全く違います。
安心してネイルを施してもらうためにも、専門的なスキルを習得している証になる資格取得者にお任せしたいと考えるものです。
一般的にはネイリストに必要になる専門的な知識と技術を習得するために通信教育か専門学校に通って学習します。
どちらを選択するのかは予算やライフスタイル、元々のスキルによって異なります。
スキルを習得した後は資格取得に向けて試験を受けて、見事合格した方は有資格者として仕事に活かせるようになります。

資格取得後にどのような方法で実際にネイリストとして活躍するのかは個々によって異なります。
多くの方はネイルサロンに就職する道を選び、将来的にはネイルサロンへの就職も視野に入れながら他の職種へ就職する方もいます。
ある程度実績を重ねて高度なスキルを習得できたと自信が持てて、資金を確保できた段階で独立開業を視野に入れてみる方が多いです。
仮に独立開業をしても確実にお客様に来店していただける見込みがなければ苦労して開業しても良い結果が出ないと考えられるため、ネイルサロンで地道に実績を重ねていく方もいます。
お客様にネイルを施すだけでなく、ネイリストを育てる立場として専門学校で講師として活躍したり、少人数制のスクールを開講して指導にあたる仕事に就く方もいます。