自分で作れるオリジナルネイル

自宅でネイルを楽しみたいけれど、ジェルネイルはちょっと敷居が高い、
という方は、ポリッシュなどでオリジナルのネイルを楽しんでいる方も多いです。
またジェルの場合は、オフの際に爪にかなりの負担がかかりますので、
爪が弱い方は、やはりジェルよりもオフしやすいポリッシュを選ぶのかもしれません。

ポリッシュはいろいろな種類が販売されていますが、
あれこれ揃えるのはちょっと大変、という方は、
手持ちのトップコートやポリッシュで、オリジナルポリッシュをつくってみてはいかがでしょうか。

例えば、お持ちのラメやグリッターを、トップコートに混ぜれば、ラメのポリッシュができてしまいますし、
より細かなラメのポリッシュがほしいという場合は、
使わなくなったアイシャドウをトップコートに混ぜると、とても細かいラメのポリッシュができてしまいます。
そのまま爪に塗ってもよいですし、カラーのポリッシュを塗ったあとに、
爪の先だけアクセントに塗ると、ラメグラデーションが楽しめます。

ちなみに、ジェルだったらジェルだけ、ポリッシュならポリッシュだけしか使えないということはなく、
ジェルでもポリッシュを活用しながらオリジナルネイルが楽しめます。
例えば、ジェルで逆フレンチをつくるときに、クリアを乗せてからカラージェルを乗せて、
爪の根元をカラージェルを取り除きますよね。そのクリアとカラージェルジェルの境目に、
ラメのラインを引くと、フレンチスタイルがより華やかになります。
でも、手持ちのジェルにはラメがない、というときは、ラメのポリッシュを使ってしまってもOKなんです。

ラメのポリッシュをフレンチの際に乗せて、
乾いてからクリアでカバーすれば、ラメが伸びてしまうことなくきれいなラインを引くことができます。
また、ポリッシュでもラメはない、というときは、前述したトップコートにラメを混ぜたものを塗ってもOK。
ポイントは、ポリッシュがしっかり乾いてからクリアジェルを乗せること。
ジェルを乗せた上から塗ったポリッシュは、乾きが早くなっていますので、通常よりも早く処理ができるのでおすすめです。

オリジナルネイルを楽しみたいと思ったとき、何がOKで何がNGなのかということがよくわからなくて、
結局マニュアル通りのものしかつくれない、という方も多いかと思いますが、
オリジナルデザインは意外と汎用性が高いので、どんどんいろんな手法にチャレンジしてみてください。

余談ですが、ポリッシュが落ちてきてしまったとき、
別のカラーでちょこちょこはげたところを塗っていると、オリジナルのデザインができていきます。
これなら、はげてしまうたびにポリッシュをオフする必要がないので、爪への負担も少なくて済みますね。

爪のおしゃれは、やり始めると結構ハマってしまいますし、またすごく女子度が上がります。
身近なデザインから、ぜひチャレンジしてみましょう。