爪の型の種類

ここでは、ネイルの形を整えるための型の種類について解説したいと思います。
数種類ありますが、この形が違うだけで、ネイルの印象がかなり変わってきます。
また形によって日常生活がしやすい、しにくいなどの好みもあるかと思いますので、ご自身のやりやすいネイルをチョイスしてみてください。

・ラウンド ネイル
ラウンドネイルは、ネイルをする女性が一番多く取り入れていると思われる形です。
つめ先がゆるやかなカーブになっていて、爪が伸びていっても日常生活に支障をきたすことがありません。
小さなお子さんがいらっしゃる方は、ネイルをしていると育児ができないと思いがちですが、スクエアネイルにしていると、お子さんを誤って引っ掻いてしまうことがなく、かえって安全だといわれています。
オフィスにしていくにも適した形ですね。

・スクエアオフ ネイル
ネイルの先端は平らにして、角のところに少し丸みを入れたネイル。フレンチネイルをした方がこの形にすることが多いようです。
スクエアオフネイルは爪が割れにくいので、長持ちするということからも人気があります。

・オーバル ネイル
オーバルネイルは、先端を少し尖った印象にした形で、爪を長く見せたいという方に適しています。
ジェルネイルをするとリペアするまで爪を切れないので、そのままの形で伸びてしまうと、少し不格好に思う方もいらっしゃいます。
オーバルネイルだと、爪が伸びてもきれいな形のまま伸びるので、見た目がきになることもありません。
ラウンドネイルの次に人気のある形です。

・スクエア ネイル
スクエアネイルは、つめ先を平に、横の角を尖った感じにした形です。
こちらもスクエアオフネイル同様、フレンチに使用する方が多いです。角に人の肌が触れたりすると痛いことがありますので、手先を頻繁に使う方にはあまりおすすめできませんが、形がきれいに整っているので、人気のある形でもあります。

・ポイント ネイル
オーバルネイルよりも更に先を尖らせた形です。
こちらは少し派手目な指先を好む方に人気があります。結婚式やパーティーでこの形にする方が多いようです。
つめ先が尖っていると割れやすいので、ジェルネイルよりもアクリルを施している方が、こちらの形をチョイスされます。

爪の形はデザインに比べると数が少ないですが、いろいろなデザインと組み合わせることによって、個性的なネイルを演出することができます。
普段はオーバルだけれど、お休みの間はスクエアにしよかな、とか、その時々によって使い分けるのも楽しそうですね。