ネイルアートデザインの種類

ここでは、一般的によく施術に使われるネイルのデザインをいくつかご紹介したいと思います。

・クリア
カラーを入れず、クリアネイルだけ施したもの。モデルの方はこのクリアネイルをメインにしている方も多いようです。
クリアネイルの上からマニキュアを塗ると、乾きが早いのだとか。

・カラーグラデーション
クリアネイルの上に、指先からカラーを入れて、爪の中央辺りでぼかして仕上げるグラデーション。
ネイルサロンの施術の基本で、施術費用も安いことから人気があります。カラーグラデーションの上に、指先だけラメを入れると、低予算の割に凝ったデザインになるのでおおすすめ。

・ラメグラデーション
カラーグラデーションのラメ版。
ラメグラデーションもネイルサロンの施術の基本です。シンプルながらも、白のラメグラデーションなどはクリスマスシーズンにぴったりなので、普段アートなど凝ったデザインをする方も、ラメグラデーションをすることがあります。

・フレンチ
指先白くした清潔感のあるデザイン。
施術費用が高めなことと、時間がかかることから施術する人が少ないと思いきや、かなり人気のあるデザインなので施術する人は多いです。

・フレンチラメ
フレンチの白い部分をラメにしたフレンチ。
白フレンチに飽きてしまった方や、ちょっと派手なデザインが好みの方がよく取り入れています。

・オータムフレンチ
フレンチの白い部分をブラン系などの色で施しているデザイン。
秋に施術する人が多いデザイン、施術費用はフレンチ同様少し高め。

・逆フレンチ
最近かなり流行している逆フレンチは、通常のフレンチは爪の先だけ白いのに対し、爪の元のところは色を入れず、爪の大部分にカラーを入れているデザイン。
カラーとクリアの境目にラメのラインを入れると、アクセントになってとてもかわいいです。

・3D
バラなどの立体感があるアイテムを爪に乗せるデザイン。施術費用が高めな上に、かなり時間がかかります。
また立体感があるため指先にいろいろなものが引っかかってしまいやすいので、結婚式やパーティーなど、特別なときに施す方が多いです。

・イニシャルネイル
自分の名前のイニシャルなどを爪に施すデザイン。

・プッチ
ブランドの「エミリオ・プッチ」のように、動きのあるデサイン。

・マーブル
その名の通り、マーブル模様のデザイン。手間はかかりますが季節によってはとてもかわいいので人気が高いです。

このほかにも、ネイルのデザインは本当にたくさんのものがあります。
上記はほんの一部ですが、ネイルをする時の参考にしてみてくださいね。