苦労した体験

ネイリストは何かと大変な仕事です

私もネイリストとして仕事をしているのでよくわかりますが、ネイリストの仕事は決して楽しい事ばかりではありません。
何かと苦労する部分も多く、家に帰る頃にはクタクタになっている日も珍しくありません。
私だけでなく、恐らく他の方も実感したことがあるのではないかと思われる体験談をいくつか紹介します。

お客様の注文が…

私が働いているサロンではネイルの施術を行なう前には必ずカウンセリングを実施しています。
恐らく他のサロンでも一般的だと思いますが、カウンセリングで回答していただいた結果次第で爪の状態がある程度把握できます。
稀に爪がかなり傷んだ状態でネイルを希望するお客様が来店されますが、このままの状態で更にネイルを施すともっと傷んでしまう可能性が高いため、しばらくはケアだけを続けた方が良いとおすすめさせてもらっています。
それでもどうしてもネイルをやって欲しい!と懇願されてしまうとかなり困ってしまいますが、お客様に十分説明して納得していただいてから施術をしています。
正直なところ、ネイリストとしてはこの状態でネイルを行なうのは不本意なのです。
ネイルを剥がすと本当の爪はかなり弱っているのに、ただネイルでごまかしている気がしてたまりません。
本気で説得しているつもりなのですが、なかなか理解してもらえないお客様が多いので困ることが多いです。
綿密なカウンセリングで注文通りに仕上げたつもりだったのに、イメージとは違う!と大騒ぎされたお客様がいた時はかなりショックを受けました。
途中の工程でも確認しながら仕上げているので、その段階でイメージと違うと感じた場合はすぐにおっしゃっていただけると助かります。
後にも予約して来店されるお客様がいると時間が足りなくなってしまうので、ぜひ協力していただきたいものです。

先日、かなり困ったのがマンガのキャラクターを描いて欲しいとの注文でした。
巷で流行っている痛ネイルの注文だったのですが、私はマンガのキャラを描くスキルを持っていないのでお断りさせていただいたのですが、ネイルサロンならどんなデザインでも実現できると考えているお客様が多いので困ることが多いです。
日々、新しいスキルを習得できるように自宅で練習を重ねていますが、どうしても習得できない技術があるので、まだまだ未熟だなと落ち込むこともあります。
できるだけお客様のニーズには何でもお応えできるようにもっと精進しなければいけないなと実感しています。

Workカテゴリーの記事