ネイリストをしててつらいこと

サロンでのこと

まずは働き始めても、ヘルプとして先輩を手伝ったり、アシスタントからスタートすることもあります。
サロンによっては見習い期間があるところもあります。
この期間は、ネイルアートはあまりさせてもらえずに、雑用をメインとしてさせられることが多く、またお店が終わったら練習をすることもあり、自分の時間はあまりありません。
収入も仕事を始めたばかりでは低いので、生活は大変です。

またサロンは小規模なところが多いので、スタッフはそれほど多くなく、自分が楽しく働けるかどうかは、サロンでの職場関係に左右されます。
狭い空間なので、合わない人と働くのは大変であり、そのような職場ではネイリストとして続けるのも難しくなります。
サロンで働くなら待遇面ばかりを見るのではなく、自分が働きやすいと思えるようなお店を探すことも必要です。
働くなら他のスタッフと協力して仕事をするのも、忘れてはなりません。

ネイリストとして働きたいと思う方は増えており、そのためにライバルも多くなります。
そのような中では、給料を多く稼ぎたいとか、有名になっていきたいなどと思うなら、他のライバルよりも秀でていかなければなりません。
大きな目標を持てば持つほど、それを実現するための努力も多く必要となります。
技術を磨くばかりではなく、リピーター獲得に努めたりするようなことも必要です。

お客さまに対して

仕事をしていくからには、お客さまをもてなすことも大切です。
常に笑顔で対応してくれるお客さまばかりではく、機嫌の悪いお客さま、注文の多いお客さまなど対応のしにくい人もいるでしょう。
そのようなお客さまに対しても、真摯に笑顔で応対しないとならず、会話も気をつけていかなければいけません。

明確に希望デザインを申し出てくれるようなお客さまもいますが、逆にお任せしますとネイリストの人に全て任せる人もいます。
そのようなときは、ネイリストのセンスが問われ、お客さまに納得してもらえるデザインを自分で施さなければいけません。
そんなときは、施術が終わるときまで神経を使い、最後まで気を抜けないような時もあります。

また仕事ではどんなにハードな日で疲れていても、疲れた様子や表情をお客さまに見せてはいけません。
仕事が忙しくお客さまが多く来店すれば、時には休憩を取るような時間も、昼休みを取れずに食事をしないまま仕事をしないとならないときもあります。
そのような時でも、たとえお腹がすいていたとしても、休憩が取れなければそのままお客さまに施術をしないといけません。
常に接客商売なので、サロンではお客さまに快適に施術を受けてもらうことを第一に考えて働かなければならず、大変な時もあります。